企業としては社内の人材ではカバーしきれない専門的な仕事を的確にこなしてもらうためにSES契約でエンジニアを起用しています。フリーランスをしているエンジニアや人材サービスを利用しているエンジニアには特定の分野における秀でた能力を持っている人がいるため、そのエンジニアを選んで契約を結び、比較的安価に目的を達成することが企業からは目指されているのが実情です。

企業としてはより優れた成果を上げてくれると期待できるエンジニアであればそれだけ多くの報酬を与えてでも獲得しようと考えます。結果としてほとんど同じような仕事内容であってもエンジニアが持っている経験や資格、スキルなどによってSES契約で定められる報酬には大きなギャップが生じているのが一般的です。

募集をしている時点では最低限度の報酬額について記載があるだけで、実際には面接の現場で交渉を行って最終的な報酬額を決定することになります。その際に書類から判断できる範囲で企業側としてはいくら出して働いてもらうかを決めてきているのが一般的です。

そのため、通常は応募書類に記載されている職歴や資格などが参考にされて報酬額が決まることになります。類似した仕事を何度も経験しているとほぼ初心者のエンジニアに比べて倍程度の報酬が与えられることも少なくありません。企業としても優秀なエンジニアを確保したからこそ即戦力となると信用できる人材ほど手厚い待遇をするようになっているのです。