フリーランスをしているエンジニアには業務委託を受けるSES契約を選ぶ人が多くいます。完成物を作り上げて納品することによって報酬が得られる請負契約とは異なり、契約によって定められた期間はクライアントの職場で仕事に従事していれば確実に収入を得られる契約だからです。年単位での契約を獲得できることも多いため、収入を安定させるのに適している契約であるのは確かでしょう。

しかし、漫然と業務委託を受けているだけでは不安になってしまうエンジニアも多いのが実情です。いつ仕事を獲得できなくなるかわからないというのがよく抱かれている不安として代表的なものであり、突然仕事が途絶えてしまって無収入になるリスクを懸念しているエンジニアは少なくありません。

人材サービスを利用しているときであっても、あるときから突然自分の担える仕事がなくなってしまうのではないかという不安を抱いてしまうことがあります。IT業界の進展は早く、自分のエンジニアとしての価値が十分に高い状態を維持できないとSES契約を勝ち取るのが難しくなるからです。

そのため、将来設計を考えて計画的に仕事を選んでいくことが重視されています。職場で新しい技術を学べる点を重視して仕事を選ぶことにより、委託された業務を遂行する過程で自らの能力を高めるようにしているのです。この心がけを怠らないことがSES契約で働くエンジニアにとって重要なことであり、理想的には実績を明確にしやすいプロジェクトに関われるようにすると将来性を高くできるでしょう。