エンジニアとしての将来性を高めるためにスキルアップをしていきたいという人は同じ職場でずっと働いているのは得策ではないかもしれません。ある程度の知識や技術を身に付けたら別の職場で働くようにした方が将来性を高めていくことがでる可能性が高いからです。
そのような向上心のあるエンジニアや、既にその努力をしてきてスキルを活用して様々な現場で働きたいと考えているエンジニアにはSES契約をおすすめします。

この契約で働くには人材サービスに登録して契約を斡旋してもらうか、独立してフリーランスで働くかが必要になります。どちらの方法を選んだとしても共通しているのが、契約で定められた期間だけ依頼主の職場で仕事を受託して働くことができる点です。そして、期間が満了したらまた別の依頼主を探して契約を締結すると別の職場で働くことができます。
契約期間も数ヶ月から三年程度が一般的であり、勤務先での業務内容に応じて自分のスキルアップなどに適した期間を選んで働けるでしょう。多くの職場を経験するにはうってつけの方法になります。

求人情報を見て自分で勤務先を探したいという人にはフリーランスが向いていますが、力量に応じて適切な仕事を与えて欲しい場合には人材サービスの方が適しているでしょう。
※それぞれの働き方における役立つ情報はコチラ→人材サービスとフリーランス

SES契約では勤務先が決まると期間中は常駐するのが原則であり、やむを得ない事情がない限りは途中で解雇されることもありません。確実性高くスキルアップを行っていけるのが特徴です。